【小学生からの英語教育】英語が話せない母親の悩み①オンライン英会話はいつからはじめたらいいの?

こんにちは。今日も「パルキッズでおうち英語」にお越し下さり、ありがとうございます。

我が家の英語教育はパルキッズというかけ流し+オンラインレッスンの教材を使用しています。パルキッズの教材自体は子供たちもとても気に入っていて、順調に進んでいますが、なんせ母親の私が英語を全く話せないので、今後の英語教育に悩むことがたくさんあります。

 

H31年 全国学力テスト 英語「話すこと」が導入される

 

H31年の全国学力テスト(中3)から英語の「話すこと」が導入されることになったというニュースを見ました。

news.livedoor.com

大学入試も2020年から改革され、それに伴って小・中学校の英語もスピーキング重視になってきそうですね。いよいよ本格的に始まりそうな予感がします。

この流れだと、うちの子供たちが高校受験する時にはスピーキングが加わっていいる可能性もあるかもしれません。

今まで英語教育には興味がありませんでしたが、やっぱりやり始めてよかったなと思っています。

 

しかし、今の我が家はパルキッズでかけ流し+オンラインレッスンというインプットしか行っていません。元々、インプットがしっかりできたら会話(アウトプット)もできるようにと考えていましたが、この全国学力テストのニュースを聞くと早いうちに始めた方がいいのかも?と悩んでしまいました。

 

オンライン英会話を早く始めたい理由

英語のアウトプットは、金銭的な関係でオンライン英会話を検討しています。できるだけ早く始めた方がいいのかな?と思う理由は、

 

①上の子は小学3年生なので、時間に余裕があるのはあと3年ちょっとしかない(小学生の間)

②全国学力テストのように、早い段階でスピーキング能力が求められるようになるかもしれない

③高学年になると、恥ずかしがってオンライン英会話を嫌がるかもしれない

ということ。

一番気になるのが、英語教育を始めたのが遅かったので英語に使える時間が圧倒的に少ないというとです。これはメイン教材のパルキッズでも同じことを感じています。

年齢が高い分、吸収は早いし無駄な時間(効果があらわれるのが遅くて親がイライラする)がないというメリットがありますが、学年が上がるにつれて時間の捻出に苦労しそうです。。

 

次に、学力テストについて。H30年に行われた調査を見ると実際に使われている問題はそれほど難しくはありません。小さいころから英語をやっていなくても全然答えられます。

ただ、決められた時間内に自分の言いたいことをぱっと英語で話せるかというと、それは場数を踏まないとできないかもしれません。緊張して言い間違えたり、失敗する可能性もあるな・・・と感じました。

 

最後は、オンライン英会話を恥ずかしがって嫌がるかもしれないということ。

半年ぐらい前に、YouTubeでオンライン英会話の動画を見せたら「おもしろそう!」「やりたい!」と言っていたのに、今は「パルキッズだけでいい」と言うんです。

やはり、年齢が高くなればなるほど会話に対する抵抗感が強くなるかもしれないな・・・と感じました。

インプットをしっかりやってからアウトプットをした方が効果が高いのでは?と思い、5~6年生から会話をやろうと考えていましたが、少し前倒しした方がいいかもしれません。

 

英語で何をするのか。本当の英語力を。

 

悩みの一番の問題は、私が英語が話せなくて、どのようにしたら英語が習得できるか、実体験がないからでしょう。

高校受験・大学受験を意識してしまう・・・そこがきっと間違っているのだと分かっています。

英語を使って何をしたいのか。そして、日本の受験制度がどのように変わっても対応できる英語力をつけること。それが一番大切です。これは、英語でも他の教科でも同じですよね。

頭で分かっていても、なかなか答えが見つからない。

私も本を読んで勉強します。


 

★ランキングに参加しています!お帰りの際にポチッと押して頂けると更新の励みになります。★

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ