親主導で『英語環境』を作るのなら『覚悟』しなければいけないこと

こんにちは。今日も「パルキッズでおうち英語」にお越し下さり、ありがとうございます。

うちの夫、英語教育には否定的だったのですが、バイリンガルの知り合いから「幼いころからのインプットは大切」と最近言われ、急に態度が変わりました!

私が言っても全然聞く耳持たないのに、人に言われるとびっくりするぐらい意見を変えるんですよね。なんでなの!?

 

親主導で英語環境を作るのなら覚悟しなければいけないこと

  

      f:id:machikonosetuyaku:20180728115203j:plain

さて、話は変わりますが、おうち英語を始めた時から懸念していたことがありました。

子供たちが英語を話せるようになるのか!?

いえいえ、そんなことではありません。

 

実は気にしていたのは、「英語を話せるようになったら海外に行ってしまい日本に帰ってこなくなるのではないか」ということです。

 

この人何を言ってるんだと思われそうですが、田舎育ち→別の田舎で家を建てて住んでいる私たち夫婦の考えは全くグローバルじゃないんですよね。

確かに将来英語が役に立てばいいと思っていますが、日本にいてくれた方が安心だし、子供たちが連れてくる人が外国の人だったら・・・と考えると「うーん、どうしようと・・・」となってしまうほどの保守的な人間なんです。

 

きっと、子供が選んだ道なら反対はしないと思うんですけど、親主導で英語環境を作るのなら「海外に行くのは当たり前」と覚悟を決めておかなければいけないかも・・・と考え始めました。

 

まぁ、そうは言っても、全然英語環境なんてなかったのに、突然海外に行って帰ってこない友人もたくさんいるので、環境あるなしは関係ないのかもしれませんが。

子供も日本大好き、田舎が一番と思っている子たちだから大丈夫かな。

英語が話せるようにと思っているのなら、親の考え方も変えなければいけない。

英語教育に手ごたえがあるわけではないのに、勝手に上手くいく想像をする単純な母親なのでした。